甘酒には美容効果があるって本当?真相を詳しく解説します!

甘酒にはお正月によく飲まれる酒粕甘酒と、近年”飲む点滴”と言われ注目を浴びている米麹甘酒があります。製造方法の違いから、この2種類にはそれぞれ栄養価や効能が変わります。

それぞれの特徴を見ていきましょう!

酒粕甘酒には美容に良い栄養素がより多く含まれる

甘酒には酒粕甘酒と米麹甘酒の2種類があり、より栄養価が高いのは酒粕甘酒の方となっています。

この酒粕甘酒には、とりわけビタミンB2やビタミンB6、葉酸、カルシウム、鉄、亜鉛といった栄養分が多く含まれており、美容面での高い効果が期待できます。

また、酒粕甘酒には米麹甘酒に比べてたんぱく質の含有量が多いという特徴もありますが、これは植物性のたんぱく質であるため、肉を食べることなく必要なたんぱく質を効率的に摂取したいという方にもおすすめです。

米麹甘酒には整腸効果があるからダイエットに効果的

海外では「ジャパニーズ・ヨーグルト」と呼ばれることもある甘酒は発酵食品としても注目を集めており、特に整腸効果に関しては多方面から高い注目を集めています。

特に米麹甘酒に含まれる100種類にもおよぶ酵素が、悪玉菌や毒素から腸の内壁を守る働きがあることが大きく関係しており、非常に高い整腸効果があるとされています。

このことから、とりわけ米麹甘酒には腸の状態を整えることによる高いダイエット効果が期待できます。

酒粕と米麹の両方の甘酒を組み合わせて飲むのもおすすめ!

美容面での高い効果を期待して甘酒を飲み始めた方の中には、すぐにその味に飽きてしまったという方も多いかもしれません。

そのような方には、味や風味に若干の違いがある酒粕甘酒と米麹甘酒を組み合わせて味を調整しながら飲むのがおすすめです。

また、酒粕甘酒と米麹甘酒には含まれる栄養の種類や美容面で期待できる効果に違いがあるため、2種類を組み合わせて飲むとより高い効果が期待でき、甘酒に美容面での効果を期待している方にもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + five =