甘酒を料理に使えば、普段の食事が簡単ヘルシーに!

甘酒を料理に使うとこんな効果があります!

甘酒には独特なまろやかさがあるため、料理に使用すると味に変化をつけることができます。そのため、例えばマンネリ化してしまった毎日の手料理に甘酒を少し足してみるだけでも違った味わいが楽しめます。

また、甘酒は「飲む点滴」と呼ばれることからも分かるとおり、食物繊維や各種ビタミンなどの栄養が豊富に含まれており、料理自体の栄養価を高めることも期待できます。

野菜と発酵食品の栄養を効率よく摂取しよう

数多く存在する甘酒を使用したレシピの中でも特におすすめなのが「甘酒入りポタージュスープ」です。

まろやかな味が特徴的な甘酒はポタージュスープとの相性がよいだけでなく、野菜と発酵食品の栄養を効率よく摂取できるというメリットもあります。

特に夏バテで食欲がないというときには、甘酒を入れた冷製ポタージュスープがおすすめです。

ドレッシングやソースに取り入れるのもおすすめ

サラダを毎日食べるようにしているが、同じようなドレッシングが多くて飽きてしまったという方は多いかもしれません。

甘酒は梅やしそ、ゴマなどといった和風ドレッシングとの相性がよく、マンネリ化してしまいがちなサラダの味にもアクセントをつけることが可能です。

また、甘酒を使用したドレッシングはサラダの他に、豆腐や揚げ物などにかけても絶品です。

麹入りの甘酒は塩麹の代わりになる!

少し前に塩麹ブームが来たのを覚えている方も多いことでしょう。それ以来調味料のひとつとして定着した塩麹ですが、これには塩分が多く含まれているため、料理で使用しすぎると塩分摂取量が多くなってしまうことがあります。

麹入りの甘酒は塩分が少ないにもかかわらず、風味は塩麹に似ているため、塩分の摂取量を制限したいという方にもおすすめです。お肉を柔らかくしたり、お味噌汁や漬物にもオススメです。

栄養面だけでなく、万能な調味料としても使える甘酒。マンネリの献立に新たな発見ができるかも?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × three =