味噌汁以外にも使いみちはたくさん!白味噌のおすすめの使用方法

ひと手間でドレッシング

和食の代名詞でもある白味噌ですが、使い道はいろいろあります。お味噌汁など純和風のレシピの基本になるのはもちろんですが、昨今のおすすめはドレッシングです。白味噌をベースにしたドレッシングが多数紹介されています。

意外なところではマヨネーズにソースといった洋食の代名詞とも言える味付けと純和風の融合でどのような味になるのか、好奇心と少々不安な気持ちが入り交じる人も少なくないと思います。

白味噌をベースに少し混ぜるだけで、いつもの味が美味しく変化する味覚を楽しむことができます。

塩分控えめの西京焼き

鰆を使った西京焼きは塩分控えめが特徴で、焼き魚の中でも少々変わったレシピとなりますが、その味を際立たせているのが白味噌です。西京焼きに対して西京味噌と呼ばれている白味噌、まさにベストパートナーとなっているのです。

味噌床を作ってそのなかに鰆をつけて、焼くときにはできるだけ綺麗に白みそをぬぐい取るようにします。何かもったいないような気がしますが、白味噌の風味がしっかりと鰆に浸透しているので、焼き加減に注意して美味しい西京焼きの完成です。

スイーツとの意外な組み合わせ

白味噌は、米・麦・大豆などといったさまざまな材料で作られています。バリエーションが豊富な味噌ですが、中でも白味噌は甘みと独特な香りが特徴で、和風の域を超えて洋風スイーツととても良く合うのです。

意外な組み合わせと思う人も少なくないのですが、甘栗のムースに白味噌といった甘々スイーツや白味噌とブランマンジェといった組み合わせも実際にカフェやコースのデザートにも取り入れられている定番スイーツとなっています。

スイーツに白味噌?という固定概念はすでになくなっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 1 =