お中元に甘酒を選ぶ人が急増中!夏に甘酒がピッタリな理由

実は夏の風物詩?甘酒は夏の飲み物だった!

甘酒は今やオールシーズンいつでも飲めるようになりましたが、昔はひなまつりや夏のお祭りなどで飲むような飲み物であり、季節限定で飲んでいました。昔、甘酒は夏の飲み物であり、江戸時代には行商人もいたほどです。

また俳句に使われる季語となっており、甘酒は夏を表します。ただ江戸時代以前は、甘酒はいつでも作って飲まれていましたが、やがて夏バテに良い飲み物だということで夏の風物詩の飲み物となりました。

夏バテの予防や解消に

甘酒は飲む点滴と言われるほどであり、栄養が豊富に含まれています。酵素やアミノ酸が含まれるほか、ビタミンB1が豊富です。極端に多い栄養素もないので、継続的にある程度の量なら飲んでも問題ないです。

このような栄養豊富な飲み物なので、夏バテ予防や解消にも良いです。ただ砂糖の入っている甘酒は糖分の取りすぎに注意した方が良いでしょう。

紫外線で疲れた肌が見違える!

甘酒は肌荒れ予防や解消にも良く、紫外線で疲れたお肌にもおすすめです。甘酒は天然の美容液とも言われており、その由来はビタミンB1が豊富に含まれている点です。ビタミンB1はお肌に良い効果をもたらします。

麹酸も含まれており、こちらはメラニンを抑制し、シミやそばかすに効果的です。このような効果があるので疲れたお肌をいやしてくれます。

熱中症対策や夏風邪の予防にも最適

塩分や糖分をほどよく含むので、熱中症対策におすすめです。夏の暑い日には持参し、飲むと良いでしょう。豊富に栄養の含まれる甘酒は栄養点滴とほぼ同じ成分であり、飲む点滴とも言われます。

豊富に栄養を含むので、風邪予防や、風邪を引いたときに飲むのも良いです。甘酒に含まれるブドウ糖が疲労を回復させ、ビタミンが免疫力を高めてくれます。

体調を崩しがちな夏こそ、お中元の贈り物としてあま酒を選んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − seven =